梅山鉄平食堂+うめのま 抹茶のカフェー
   
    ご案内      梅山鉄平食堂より      今日の献立て      今月の店休日      うめのまより      求人情報   
Img_4ece7f897266b8324d4755dfaca5ca39
抹茶あんみつです。
うめのま 抹茶のカフェー、並びに梅山鉄平食堂は年内は12月30日まで営業いたします。
年始は1月4日から商いいたします。
どちら様も心豊かな年末年始をお迎えなさいますよう祈念しております。
来たる年も本年同様のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。
Img_3596c3fc111f21b58e7b5b45e964fbdb
Img_6efe655a8090975477585be4ca9657de
師走となりました。
目下の生菓子「紅玉」です。
紅玉林檎の赤味だけで作ります。中も林檎餡ですよ。

クリスマスオーナメントとして定番の紅い玉、クーゲルは何を意味しているのでしょうか。
アダムが魅惑されたエデンの園の知恵の実(=林檎)を表しているそうです。
永遠の命をもたらす命の木の実ともされていることから、永遠の象徴とされています。

クリスマスを祝い、除夜の鐘を聞き、神社へ初詣をする日本人の宗教観は、しばしば世界から疑問視されます。しかし、僧侶の松山大耕さんはこの日本人の寛容性こそが宗教の本質をとらえているとおっしゃいます。
宗教上の問題で争いが絶えない世界に対し、日本の宗教観を発信していく必要性を語られました。
とても感銘を受けましたのでシェアさせていただきます。是非ご一読を。
 (Click!) 
Img_39d77438b02a182464904b82c5208180
バチカンにて、前ローマ法王と松山副住職
Img_32e330402350c723fb9ed6e475ee691d
11月23日水曜日は祝祭日のためうめのま営業いたします。
どうぞお出かけくださいませ。

代休といたしまして11月22日火曜日にお休みをいただきますのでよろしうお願い申し上げます。


写真はうめのまで提供しております「抹茶がゆ」です。
抹茶で煮込むのではなく、美味しく炊いたお粥に一服づつ点てた抹茶を注ぎます。
とてもとても美味しいです。
Img_b9433a9a01c325205a26b33204366bc4
紫野恵先生による今月の小筆書き講座は20日、日曜日に開きます。
時節柄、年賀状の書き方をお稽古していただけますよ。
おひとりお一人の個性やリクエストに合わせて丁寧に
ご指導いたします。一回限りの参加も歓迎!
お稽古の後は、うめのまの美味しいお菓子とお抹茶で、
和やかにおしゃべりしましょう。

参加費:3,500円(お菓子、お抹茶付)
※小筆以外のお道具はこちらでご用意します。
お道具をお持ちの方は、ご持参ください。
※開催日の前々日19時までにお申し込みください。
※小筆がご入り用な方は、お申込みの際にご相談ください。
Img_e93fad0edf5bfd28fdf01600b2f73c46
季節のお菓子には桃山製の銀杏の葉を拵えました。
そしてもう一つは金時芋、紅芋、かぼちゃ、栗を使った練り切りです。中には柿のピュレを使った餡が入っています。
Img_b2c594586fe6193409218279edb8dbed
秋も深まってまいりました。

美味しい天然の栗を模して生菓子をこしらえました。
和菓子ながら中にはフランス産のマロンペーストを使っています。
Img_2b3286e1b319d2683b7caa939bb4b90a
そして、スタッフが摘んできてくれた芳しい金木犀の花で蜜を作りましたので、ご希望の方にはあんみつなどのトッピングとしてお出ししています。
今年の金木犀の香りはいつもより濃厚でねっとりと甘いようだね、といく人かの方とお話ししました。
こちらもとても素晴らしい香りですよ。

Img_8fdf3b8ce748735e3bbd5f0db087c312
自家製羊羹にも入れてみました。下の層は黒豆と麦茶のもの。
上の層は金木犀で、朱色の花が踊っているようです。

季節の幸と触れることは喜びですね。
Img_bc32b9f71f95c53770f92d0d786cc920
うめのま、および梅山鉄平食堂は9月29日木曜日を臨時休業させていただきます。夏休みの替わりなんです。水曜日は定休日なので連休でございます。よろしくお願いいたします。

今日、9月25日夜うめのまで、書家 紫野恵先生による第二回目の小筆書き教室「さらさら書きます、小筆小町」が行われました。穏やかに集中してみなさんお稽古されていました。
そして写真は今回うめのまがご用意した小さい小さい月見団子。手のひらに乗る生菓子です。右端には月のイメージでキビ糖と生姜の蜜を添えています。

次回は11月です。どうぞご参加くださいね。

カキ氷の提供は今日まででした。ビックリするはどたくさんのお客様にお運びいただき、本当にありがとうございました。
明日からは温かいお団子や、ほうじ茶カプチーノなど新しく温かいメニューも登場します。

二番目の写真は目下店でお出ししている生菓子、「望月」です。ススキはきな粉味のきんとんで作りました。

次は何にしようかしら。楽しみです。
Img_8c63de260b628e70d03e8d10c9e7680d
Img_3a852884394b7772fffe5ce75236581d
Img_d1ffa82f79ea8156ea0d600bf264a27f
書家、紫野惠先生による小筆書き講座「さらさら書きます小筆小町」が9月25日日曜日に開催されます。

おひとりお一人の個性やリクエストに合わせてしっとり凛と丁寧に教えてくださいます。
一回限りの参加も歓迎。
お稽古の後は、うめのまの美味しいお菓子とお抹茶で、和やかにおしゃべりしましょう。

参加費:3,500円(お菓子、お抹茶付)
※小筆以外のお道具はこちらでご用意します。
お道具をお持ちの方は、ご持参ください。
※開催日の前々日19時までにお申し込みください。
※小筆がご入り用な方は、お申込みの際にご相談ください。

主催・安河内葉子 090-7384-6778
  yoko.yasukochi@facebook.com

お問い合わせ、お申し込みは上記またはうめのま0927276119までどうぞ。
Img_46a8835b31fcf69fe687cb78e8d41935
台風が行ったり来たりしています。
夏と秋も行ったり来たりしています。
リンドウの蕾を模して生菓子をこしらえました。
秋の蕾ですね。

カキ氷は9月25日までご提供いたします。
Img_2c9d9c92e1eae049a761bbcdbaa63c6e
山笠も終わって博多は夏本番です。
抹茶あんみつカキ氷、果物あんみつカキ氷の人気にはやや隠れた存在ではありますが、全部試された方には「一番好き!」のお声が多いこちらは、「あんこミルクカキ氷」です。大納言と金時豆を炊き込んだたっぷりのあんこ蜜に相性の良い牛乳をかけています。さらに練乳の追加もお選び頂けます。
うめのまの自信作です。
どうぞお試しくださいませ。
Img_1f26972e03d3214db746e6b848fdbb23
Img_92facf7a31a4cdf096e9f31ea8327815
今年は早々に梅雨入りをしましたね。
一雨ごとに艶を増す紫陽花を生菓子で表してみました。紫芋の羊羹と練り切り細工でございます。
その前は新鮮な青梅でしたので写真だけご覧下さい。
6月からはカキ氷も始めました。
蒸し暑い日にどうぞ。
Img_c3cc7c040a165b7b60defe78aad344cb
ゴールデンウイーク中は5月4日水曜日のみ休業。
その他の日は元気に営業しております。
どうぞご利用下さい!
尚、うめのま 抹茶のカフェー ならびに
梅山鉄平食堂は、通常毎週水曜日にお休みを頂いております。
どうぞ宜しくお見知り置き下さいませ。
写真は季節の生菓子、薯蕷饅頭に藤の花をあしらってみました。
お問い合わせの多いカキ氷は6月1日より始めます。
Img_cdea43eecdbe382bc57b840d1f0679b5
来週あたり、福岡の桜が満開になるのでしょうか。
お花見の季節は日本にいることが嬉しく感じられます。

うめのまでは抹茶を美味しく召し上がっていただけますよう、
季節の生菓子をご用意しております。

目下は粒餡の上にういろうの桜を咲かせた「うい桜」。
Img_a6c7d0b7a245fd6365b3064eb8025918
抹茶一服をご所望のお客様に手製の干菓子を添えてご提供しています。
どうぞ、うめのまの抹茶をお試しくださいませ。
Img_71e66cdd2c565b1d80aefa9fa526111f
1月の優しい出稽古「さらさら書きます、小筆小町」に向けて椿の形をした菓子を拵えました。
スタッフが家から持ってきてくれた椿の葉をあしらって。
Img_e0c6fa4546c66d471df3decc0b019d87
おもかん
Img_ecb04871fd43be6338cca332686500b0
消しゴムの錦玉羹
さらさら書きます 小筆小町

毎月一回のお稽古で皆さんお好きな字を習っていらっしゃいます。
楽しい雰囲気がかえってご自分のお稽古に集中できるようです。

12月は基督誕生祭にちなんで山芋を使った和菓子を拵えてみました。
しっとりもっちりの記事に生姜の風味を加えて。
かるかん転じて「おもかん」でしょうか。

また年賀葉書に捺す消しゴムハンコのお稽古に向けて白い練り切りを浮かべた錦玉羹を作りました。

毎回、楽しみながらスタッフと一緒に和菓子を作っています。

新年は1月16日土曜日がお稽古初めです。
継続的に参加なさらなくてもいいのでお気軽に一度お越しくださいね。
Img_73b10bf08a7fd6cd3e6e5b53f0c7385a
玉三郎の静御前
Img_16f87151757ee648f10b3c1e634bf3c8
細さ1.5mmの練り切り
Img_c9d01dec2f09f9bef945b35ef75fa3db
烏帽子の縁飾りに
11月の隔月恒例、「歌舞伎のいろは」は
2月博多座特別舞踊公演「坂東玉三郎」についてのお話でした。

「奇跡の女形」
人は坂東玉三郎さんのことをそう称えます。半世紀以上にわたって歌舞伎という芸道を磨き続けいまや人間国宝にも認定されています。
「私が小さい時に体が弱く小児麻痺になったというマイナスのカードを持っていたことは不運であったともいえますがそれが歌舞伎への道へ導いたと考えると幸運だったともいえます。」
致知2014年8月号特集「一刹那正念場」より
マイナスをプラスに変え、恵まれた幸せな人生だったと振り返ることのできる人です。

今回のうめのま特製和菓子は玉三郎が舞う静御前の烏帽子を象りました。

次回は、1/23(土)です。安河内葉子さんが中村獅童さん、中村児太郎さんについてや、二人藤娘のお話しをします。お楽しみに!
ご予約もお待ちしております。
Img_097242be8291873d4c51e84f5150ef50
Img_21a7efae0fc6951e4c6d7ff7ab693e19
小筆書き教室「小筆小町」今月は18日日曜日、18時より開催です。
お稽古の後のお菓子に南瓜の練り切りを作ります。
まだお申込みいただけますので是非どうぞ!



「筆を持つのは小学校以来なんです!」
そんな方が時間一杯、集中して書かれていきます。
早くも来年の「年賀状」準備もいたしますよ!
今回は、お年賀のハンコを作成します。作成希望の方は、NTカッターとMONO消しゴム(普通サイズ)、赤の朱肉をご持参ください。
学んだ後は、もちろん、うめのまさんの美味しい
お菓子とお抹茶で、休日のひと時をなごみましょう!
参加費:4000円(お菓子とお抹茶付)
講師:吉田史郎先生
※お道具はこちらでご用意します。(小筆をお持ちでない方は、初回に小筆のみご購入いただきます。2160円)
※ご自分でお道具をお持ちの方は、ご持参ください。
締切:お道具の準備のため、前々日10/16(金)20時までに
お申し込みください。
Img_a2750982b520bf2e377668a5f8d82544
三年ぶりです。「ほいあん堂」のお茶菓子。
さる目出度い理由によりしばらくお菓子作りをお休みされるほいあん堂さん。お休み前最後のお菓子が届きました!
ほいあん堂愛好家の方、ぜひこの機会にお手になすってください。
Img_6e3db83f50cacd602d683351249b2a7c
Img_0b657873b6086a53b905578ef3853c3c
うめのまのカキ氷も参加します!
持って行くのは「濃厚抹茶カキ氷」「自家製あんこカキ氷」「あんこ抹茶カキ氷」
8/1土、8/8土、8/15土、8/16。計4回です。遊びに来てね!

夏の恒例イベント『夜の動植物園』が今年も開催されます。
今年は、これまでの8月の毎週土曜日に加え、9月の1・2週目の土曜日も開催!
また、これまでは夕方に一旦閉園し再開園していましたが、
今年は朝9時からの通し開園に!朝から夜まで楽しめます。
夜行性動物の生態や行動、夜にしか咲かない花などが観察できる年に一度の機会です。ぜひご来園ください。

詳しくはこちら (Click!)
<夜の動植物園について>
開催日:8月の毎週土曜日(8/1 , 8 , 15 , 22 , 29)、9月の1・2週目の土曜日(9/5 , 12)
時 間:9:00~21:00(入園は20:30まで)
Img_576baf8cf17735ffa064a301e734ef71
Img_9bd46d37fe98139e2dbb397173bcceb2
Img_9fe3c62a00fa8d116c7ba7eec23e62bb
7月25日、隔月恒例の「歌舞伎のいろは」が行われました。

歌舞伎伝道師、安河内葉子さんによる今回のお話は夏らしく「怪談!牡丹灯籠」。
ということで和菓子の傘お化けを創作しました。
粒あんと植物アイスを米粉とあずき粉を練りこんで作った焼き菓子で挟み、各パーツは練り切りで細工。下駄はちゃんと木目にしました〜
喜んでいただけて嬉しいです!
次回は9月26日土曜日です。お楽しみに!
Img_6d251b9e9893f6912488668c713e47da